家守(やもり)とは、江戸時代に、不在にすることの多かった地主の代わりに長屋を管理する職業でした。店子の選定や入居する際の手配だけではなく、職人として不可欠な技能を指導愚痴も聞いてやるなどのカウンセリングもしていました家守は、店子を八百屋や魚屋といった生活に必要な職種をバランスよく長屋に配置する役割を担うことで、長屋の生活しやすさに繋がる「共存」モデルを実現していたのです。

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-86-1232